Top > 現金化 > クレジットカード換金の注意点などについて

クレジットカード換金の注意点などについて

ショッピング枠で商品を購入してお金を得るクレジットカード換金には、大きく分けて2通りの方法があります。

クレジットカードで買った商品を自分で売りに行って現金を得る方法と、現金化業者からクレジットカードで商品を購入してキャッシュバックを受ける方法です。

自分で現金化を行う場合には、やり方によっては高い換金率で現金を得ることができます。

ただし、買取価格は変動するので、常に買取価格の情報に詳しくなければいけません。

ブランド物や商品券や金券は、買取価格が比較的高くなります。

このように自分で現金化を行う場合の注意点は、カード利用停止になるリスクがあるということです。

普段携帯料金や光熱費などの支払いのみにクレジットカード決済を行っている人が、急に複数の高級ブランド品をクレジットカードで買うと転売の疑いが持たれます。

転売目的でクレジットカードを利用することは法律で禁止されているので、発覚するとカード利用停止になります。

一方で、現金化業者からクレジットカードで商品を購入してキャッシュバックを受ける場合には、カード利用停止になるリスクが低くなります。

ただし、業者に依頼した場合には、手数料が別途かかるので最終的な換金率が80%以下になることが多いです。

業者によって還元率などは異なるので複数の業者を比較して選ぶことが大切です。

インターネットを通じて優良業者を探すことが基本ですが、注意点はホームページだけを参考にしないことです。

ホームページに記載している換金率などが高い業者は注意が必要になります。

そんな時は口コミサイトや評判などを見て参考にするのが良いかと思います:口コミで人気のビックギフト

現金化

関連エントリー
クレジットカード換金の注意点などについて